大槌こども夢ハウス

20164月、「大槌こども夢ハウス」として沢山(さわやま)地区にある新たなお家に引っ越しました。そこは、大槌学園から徒歩で立ち寄れる場所にあります。2すりきず公園も庭に手作りされ、少しずつ新たな地域に居場所が開かれてきています。これからのまちの変化に合わせ、大槌こども夢ハウスは、地域貢献と社会資源としての居場所的役割を果たしていきます。

 

 

20174月より、町内関係者と夢ハウスを利用している父兄代表で構成する「大槌こども夢ハウス親の会」が運営を行ってまいります。


20134月、大槌町の旧安渡(あんど)小学校近くの木造2階建ての空き家を借り、「子ども夢ハウスおおつち」を開設。

悩んでいる子どもがいれば、すぐに飛び込んでこられる家を用意したい。話を聴いてあげることくらいしかできないが、しっかり受け止めてあげたい。せめて温かいスープ一杯飲んでほしい。そういう家としてつくりました。

 

子ども夢ハウスには2つの機能があります。第一の機能は「放課後学童の運営」、第二の機能は「駆け込みハウス」です。

大槌に自由な遊び場はなく、学校と仮設をスクールバスで往復する毎日。たまり場のない子どもたちの必要な空間として、子ども夢ハウスはその役割を果たしてきたと思います。全国から寄せられたご支援に感謝申し上げます。

これまでの夢ハウスの活動

2013年~これまでの活動の様子は、☟こちらでご覧いただけます

http://www.yumenomizuumi.com/blogotc/